私が自己資金350万円で農業を始められたわけ

前回の続きです。

一般的に農業を始めるために移住〜研修〜就農1年目の資金は1千万円必要と書きました、この数字は多くもなく少なくもないリアルな金額だと思います。

でも、農業を始めたい、就農したいと思った時に1千万円をすでに貯めている人は少ないでしょうし、その段階から貯金を始めたとしても果たしていつになったら貯まることやら。。。

そもそも1千万円あれば別の起業をすることも可能です。

例えば自分でカフェや雑貨屋、ラーメン店などを開業するにしても同じ金額やもっと沢山の資金が必要になりますよね。

農業は他の産業と違って良いところがたくさんあります!

今回は資金面だけに特化して書きますが、まず国や行政の支援が手厚いことが挙げられます。

その代表が『農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)』です。

最大研修期間2年と就農後5年のあいだ150万円の給付を受けられます。
合わせて1050万円です!

もちろん給付を受けるためには厳しい審査などハードルも高いのですが、
一般の起業に比べれば夢の様な助成です。

皮算用になりますが引っ越し代金と当面の生活費(1年位)があれば、この金額だけでも先述した1千万円に届いてしまいます。

私が350万円の手持ちで農業を始められたのはまさしくこの農業次世代人材投資資金・青年就農給付金のおかげです。

ただし、誰しもが簡単に給付を受けられるわけではありません、繰り返しますが厳しい審査や実績を求められます。

長くなりました、給付についての流れなどはまた次回に。